DIY web

ラクスルでショップカードを作ろう【オンラインデザインの使い方】


こんにちは。

オンラインデザインシリーズも第4弾となりました。

今回はショップカードの作り方です。

1弾~3弾は以下をご覧ください。

ラクスルを使って自分でオープンチラシを作ろう【オンラインデザインの使い方】飲食店のオープンが決まった後は、どのような販売促進をするかが重要です。 今の時代ネットでの販促やSNSなども重要ですが、チラシの効...
ラクスルを使って自分で名刺を作ろう【オンラインデザインの使い方】こんにちは。 まずはこちらをご覧ください。 https://youtu.be/YWbNlMFzK40 こちらの動画は、...
地図を作ってチラシに入れよう【ラクスルオンラインデザインの使い方】 ラクスルオンラインデザインの使い方第3弾です。 チラシに地図を入れる方法です。 Wordで手作りしたり、coconala...

 

そもそもショップカードは必要なのか

載せる内容がとても重要で、やり方次第では強い武器になります。ラクスルのオンラインデザインを使うと、1枚あたり5円ほどで出来るのでやらない手はないですね!

ショップカードの役割としては、

  • 店舗の情報を載せる
  • WEBへ促す

の2つだと思います。

ポイントカードにしたりとかもありますが今回は上記の2つ。

中でもWEBへ促す部分が大事です。

  • Facebookページ
  • LINE @
  • グルメサイトのクーポンページ
  • 自社のメルマガ

等、お得になる情報へのQRコードを載せましょう。興味を持った人にアクセスしてもらって更に情報を与える流れがベストです。もちろん、二次情報の質も重要です。

それではやっていきましょう。

ラクスルのオンラインデザインで作ろう

お馴染みのオンラインデザインです。

1番早くて、ラクで、安くて、高品質です。

裏面からやっていきます。

裏面を作ろう

オンラインデザインから名刺サイズを選択します。

今回はコチラの赤枠のものを使っていきましょう。『テンプレートを選択する』をクリックしてください。

第1弾~3弾まで読んでもらえればわかると思いますので詳しい説明は省略します。必要な情報を打ち込みましょう。

冒頭で書いたようにQRコードは重要なのでサンプルを削除して新しく作成して挿入したいと思います。

情報を打ち直して、QRコードを入れたのがコチラです。さっそくQRコードを作ってみましょう。

QRコードを作ろう

QRコードを作成できるサイトはたくさんありますが、今回は【QRのススメ】を使います。いろいろ試した中でとても使いやすかったのでオススメです。

アクセスしたら『さっそく作る』を押してさっそく作りましょう。

今回はInstagramのロゴを入れたので『アイコンQRコード』を選択しました。

他にもいろいろ選択できるので用途に合わせて作成しましょう。

飛ばしたい先のURLを打ち込んで、

QRコードの形や、色や、アイコンを選択しましょう。

完成しました。一瞬で出来ます。

ダウンロードするを押して、

保存して終了です。もちろん無料で利用できます。

このあとはオンラインデザインに戻って『写真を追加』からQRコードを追加しておしまいです。

次は表面を作ろう

引き続きのオンラインデザインです。

『写真を追加』からQRコードをぶち込んだ後は左上の『ページを追加』を押して2枚目を作成しましょう。

表面はインパクト重視にしたいので、余計な情報は入れず写真とロゴのみにしました。

ラクスルオンラインデザインはPIXTAの写真を使い放題です。デザインの作成中は不正防止の為PIXTAのロゴが表示されていますが印刷するときは表示されないので安心して下さい。

好きな画像を探して挿入しましょう。今回はカプレーゼとピッツァにしました。美味しそう。

『写真を追加』から店舗名やロゴなどを追加して位置やサイズを調整して終了です。今回の背景が写真なのと、使っている色が多かったので白と黒のロゴを重ねて見やすくしています。

 

あとは『仕上がり確認』から出来上がりを確認して注文と入稿をすれば終了です。

 

以上ショップカードの作り方でした。

まとめ

ショップカードの使い方ですが、自店舗のレジやトイレに置く以外では、仲良くなった他店(飲食店、美容室、カラオケ)などにも置いてもらう事も出来ます。

オープンまでに必ず用意しましょう。

オンラインデザインなら100枚から印刷出来て、情報の変更があった場合もすぐに作り直す事ができるのでオススメです!

現場からは以上です。