美味しいお店

一休のお食事券でテールドトリュフ東京へ行ってディナーを食べよう

ちょっと友だちに車をあげたらお礼に一休のギフトカードをもらいました。

なに言ってるかわからないと思いますが車をあげてギフトカードをもらったんです。

こちらです。

なかはこのような。

一休のお食事券は全部で7種類ありまして、

  • 茜 5000円
  • 葵 7000円
  • 藤 10000円
  • 楓 15000円
  • 橙 20000円
  • 椿 30000円
  • 蘭 50000円

です。

チケット1枚で2名ペアなので僕のもらった蘭のチケットで1人25000円のコース料理を食べれます。

たけぇ券くれたなぁオイっ!!!

(性格に難ありなのでもらってすぐ値段調べて、金券ショップに持ち込むか数日悩んだ)

テールドトリュフ東京を予約した

このチケットの番号を打ち込んで一休.comレストランにログインすると関東は17店舗からお店を選べます。(2018年4月現在)

気になる店がいくつかあったのですが、普段あまり食べれないものにしようと思い、

テールドトリュフ東京

に。

電話で予約して一休のお食事券を使う旨を伝えます。

 

ここから毎日、トリュフまであと何日というカウントダウンをして、

当日を迎えました。

東京メトロ銀座線外苑前駅の1a出口から出て下さい。公式ページには徒歩3分とありますが1分で着きます。

店先です。オシャレ。敷居がそんなに高くなさそうに見えます。

店内はほかのお客様もいるので写真はなし。

奥の個室に通されました。

入り口で感じた敷居が高くないの発言はここですでに撤回しています。

着席。ドリンクメニューはこのような。

食事が無料なので奮発してシャンパン(グラス2500円)で乾杯。

トリキ1回分だなぁなどと思いながらの乾杯です。

ちなみに貴族焼きで換算すると16本分です。

どどんッ!!

本日の主役を紹介します。

右がブルガリア産サマートリュフさん。

左がフランス産黒トリュフさん。

高級ですのでさん付けでお呼びさせて頂いております。

匂いを嗅ぎ比べたり瓶の中をコロコロさせたりしましょう。

こちらのトリュフをコースに使っていきますありがとうございます。

 

アホなので店員さんに、

「触っていいですか?」

って聞いたら

「触るのはちょっと…」

って言われました。

ダメに決まってる。

お料理

全ての料理にトリュフが使われているって恐ろしくないですか?頭の幸せレベルのメーターがパァーーン!って振り切れます。トリュフは麻薬。

うますぎる。

トリュフが使われているどころか、トリュフメインの「サマートリュフのカルパッチョ」が出てきた時には笑いました。

トリュフってなにかを引き立てる役割だと思ってたんですけど違った。

引き立て役が主役になった!

 

他にも目の前で、

シャーシャー

シャーシャーシャー

シャーシャーシャーシャー

してくれたりでニヤニヤしてました。

ワイン

シャブリとフルボディのカベルネ・ソーヴィニヨンです。

こちらも貴族焼きで換算するとドエライ本数になります。

シャブリはキリッと、カベルネ・ソーヴィニヨンは濃くてキュッキュッしてました。

カトラリーがかっこいい

あと、このナイフかっこいい!!

即調べて翌日ポチりました。

クチポールというメーカーのナイフです。

ポルトガルのカルダス・ダス・タイパスという町で作っているらしいです。

噛まずに言えない。

写真はGOAというコレクションらしいのですが、他にも色々な種類がありました。調べてみるとクチポールのカトラリーめっちゃカッコいい。いや、カワイイ。

家のカトラリー全部これにしたい。

まとめ:食事終了

食事が終わった後のテーブルはこのようにトリュフ味になります。

舐め回したいですね!

 

なかなか来れないけど奮発すると脳内麻薬が発生して合法的に幸福度がブチあがります。

ドバドバドーパミン。

大切な日にご利用ください。

ご予約はコチラから

いろんなクチポールもチェケラ↓

箸もあるぞ!