DIY web

商標登録クラウドサービスの「toreru」で商標を出願してみた

まずは商標とはなんぞやから行ってみましょう。

商品やサービスに付ける「マーク」や「ネーミング」を財産として守るのが「商標権」という知的財産権です。

特許庁 商標制度の概要より

僕の経営しているお店のとある商品が独特な名前でネットやテレビに出たりなどバズって露出が増えてきたので商標登録することにしました。

商標はオリジナルかどうかは関係なく早いもの順なので、他社がうちの商品名で申請して本家である僕の会社がその名前を使えなくなるのは困ります。ニュースになった、PPAPの商標をピコ太郎ではなく第三者がとるなどの悪意のある人もいますし。

個人でも商標登録が出来るようですが、調べているとこちらのサービスが良さそうだったので利用して見ました。

Toreruで商標を出願してみた

商標が、カンタンに、トレル!『Toreru』です。

知識ゼロで出願までやりましたが、ホントに簡単であっとゆう間です。ちょちょいのちょい。

会員登録をした後は「無料調査」を申し込みます。

モザイクだらけで申し訳ないんですが必要な箇所を記入しましょう。

記入が終わったら終了。

めちゃめちゃ簡単です。

もう少し出願までの流れを書きたいんですが書くことないです。そんくらい簡単。

商標調査報告書が届いた

まずは写真を見て頂いた方が早いかもしれません。

こんな感じでメールが届きます。

今回は「A」なので商標登録出来る可能性が高いみたいです。

先行商標(似ている名前の商標)などとの関係も教えてくれます。

どの「区分」で出願するのがいいのかわからない場合でも、担当弁護士さんがついてくれるのでメールで問い合わせる事が出来るので(ここまでももちろん無料の範囲!)とても楽チン。

今回僕は区分の事がわからずいろいろとメールで質問しましたが、丁寧に返信がありレスポンスも早かったのでさすがだなぁと思いながら出願を進める事が出来ました。

おし、出願するぞ!ってなったらマイページにログインしてそこから出来ます。簡単すぎるだろ。

料金はこんな感じ

Toreruで出願してみた感想

自分でやるよりはお金かかりますが、知識ゼロであっという間に出願出来ました。分からないことは直接聞けるしすんごい楽チン。

特許庁の審査に6ヶ月ほどかかるらしい(長いっ)ので結果が来たらまた書きます。

現場からは以上です。