DIY 工作

居抜き物件でスピーカーの線だけあったのでアンプとスピーカーを繋いでみた

居抜き物件でスピーカーとケーブルだけあってその先がブツンとちょんぎられてる物件によく出くわします。というか、めちゃめちゃ多いです。

こんな感じのやつ。

天井には埋め込みスピーカーがあったり。

調べてみるとこれはUSENを解約した際にアンプを撤去されてその先の部分のみが残されたようです。

じゃあ簡単ですね。アンプを買いましょう。

アンプとバナナプラグを買おう

買いました、Amazonでも楽天でも買えます。4000円しませんでした、こんなに安いのか、、

内容物はこんな感じ。右上の小ちゃいやつがアンプです。

めちゃめちゃ小さくて不安になりますが技術の進歩です。実家にあったアンプはこの100倍くらいデカかったなぁ。

こちらはBluetooth対応で音質も最高。

バナナプラグは頻繁に抜き差しする時などに必要な部品ですが、今回はどこにどの線を繋いでいいか分からなく、抜き刺しして正解を当てなければならないが面倒なので買いました。

どこに何を刺すかとかは調べたりするとわかるのですがインピーダンスとか訳の分からない単語が出てきて諦めました。急に大きな音が出て鼓膜が破れたらどうしようとビクビクしてましたがそんなことはないようです。安心してください。LとRを正しく+と-に繋ぐとバランスの良い音が流れます。

スピーカーのケーブルにバナナプラグを繋ぎます。マイナスドライバーでネジネジして緩めて銅線を差し込んでネジネジ。繋がったら差し込みます。

スピーカーから音がちゃんと流れたらOK。たったこれだけ。

Bluetooth対応なので好きな音楽を流して楽しみましょう。

店舗で好きな音楽を流す場合はJASRACに使用料を支払うかUSENを契約したりする必要があるので注意。

しかし!方法はあります。

JASRACに負けたくない人はこちらの記事もご覧下さい。

JASRAC問題から合法的に逃れる方法こんにちは。 大丈夫かな、この記事…。 とりあえず行ってみましょー BGMを利用する美容室などの店舗に対して全国一斉に...

現場からは以上です。