開業前

自分のお店をオープンする前にInstagramで位置情報を作ろう

飲食店に行って写真を撮って、Instagramにアップするということが当たり前になりました。Instagramにアップする時に「位置情報を追加」という項目にそのお店の位置情報を入れる訳です。

こんな感じで。

予測変換の「かたつむり」は無視してもらって結構です。

でも位置情報にそのお店が出てこなかったらガッカリですよね。お店側も、自分の店の位置情報を検索することによってお客様の感想などの投稿を見ることが出来ます。投稿に気づかないとコミュニケーションを取るチャンスも逃すかもしれません。

あっという間に作れるのでオープン前に作成しましょう。

方法は2つあります。

①個人のFacebookからチェックインで新しいスポットを追加する

②自店舗のFacebookページを作成する

です。

では、順番に行きましょう。

①個人のFacebookからチェックインで新しいスポットを追加する

プライベートのFacebookを開きましょう。

「いまなにしてる?」から投稿できるのはわかりますね?チェックインを押しましょう。

そのお店があれば位置情報に打つと出てくるのですが、ないので「新しいスポットを追加」します。

そのあとは自分のオープンする予定の店名を入力します。

ここでは仮に「foodepart食堂」とします。

カテゴリを選んだりして、

住所を検索しましょう。

住所の検索がポンコツで全く使えないので、自分の店で「今ここにいます」を使った方がいいです。

住所の最終確認をして、「作成」で完成です。

InstagramはFacebookの傘下なのでInstagramに位置情報が作成されます。すぐに反映されないので早めにやりましょう。

②Facebookページを作成する

Facebookページを作成しましょう。こちらも個人のFacebookから。

ハンバーガーメニューから、

「ページを作成」

「スタート」

店名を入れて、

順番に進んでいくと完成です。

こちらも住所入力が難しいので次で説明します。

Facebookページの住所入力のコツ

住所の入力がかなりくせ者で、例えば東京都品川区にお店を出すとします。

「東京都品川区」と打っても選択肢が出てきません。

この場合はローマ字で打ってみましょう。

「Tokyo shina」

出てきました。

ここで苦戦する人が多いみたいです。漢字じゃないと出ない地名やローマ字じゃないと出ない地名などがあるので、住所が出てこない場合はいろいろな打ち方を試して見てください。

まとめ

登録されるまで時間がかかるので早めにやりましょう。

僕は1店舗でこの2つの登録をしたせいで同じ名前の位置情報が2つできてしまい困った経験があります。なかなか登録されなくても、待つ!ひたすらに待つ!

現場からは以上です。