美味しいお店

北京でブームのクラフトビールを飲もう!Beersmith Gastropub(ビアスミスガストロパブ)編

今まで4箇所のブルワリーをまわってきましたが(Slow Boat Brewery京A BrewingPanda BrewArrow Factory Brewing)、ここで最後。書いた順番的に最後ですが毎日ココに来てました。だって最高なんだもん。

Beersmith Gastropubへ行こう

北京地下鉄1号線と10号線の交わる『国貿駅(こくぼう駅)』、英語だと『Guomao』です。駅から5分程の場所にあります。世界の企業が集中し、高級ショッピングモールや、高級ホテルなどが並ぶ北京最大のビジネス街です。

こんな街並みです。中国感ゼロ。

国貿の中でも人気のShangri-la系列のホテル『HOTEL JEN(新国貿飯店)』の1階に入るのがこのBeersmith Gastropub。

5つ星で新しく綺麗でスタイリッシュ、遊び心のあるデザインのホテル。そんなホテルの中でビールを作っているなんて!すごい、楽しみ!

というか、僕このホテルに泊まってたんです。そんなの毎日行くに決まってる。

Beersmith Gastropubでビールを飲もう

まずは、Gastropubってなんぞやから行ってみましょう。

ガストロパブは、高級なビールや食べ物を供するバーとレストランを兼ねた飲食店を指す表現。イギリスのパブ文化の中で20世紀末に出現し、21世紀に入ってから普及が進んだ業態であり、世界各地に「ガストロパブ」を名乗る飲食店はあるもののイギリスが本場と見なされる。

Wikipediaより

バーとレストランを兼ねた飲食店で、Beersmithはさらに店内に醸造設備を備えているため出来たてのビールを味わう事ができます。最高。

入口です。今までの所もおしゃれでしたがちょっと毛色が違いますね。

店内に入ります。毎日行ってましたが日本人は1人もいません。欧米の旅行者多め。

メニューはこんな感じ。

SEASONAL SPECIALSの欄がちょっと珍しいビールです。REGULARSが一般的なやつ。

初日は、TASTING PADDLE OF FOURという4種類の飲み比べセットを飲みました。

こんくらいのサイズで飲み比べ出来るので最高。

これはまた別の日。酔っ払ってから来るのでピントがあっていません。

店内の様子

かっこよすぎるビールのタンク

ビリヤード

毎晩ライブもあります

テラス席も最高

高級感がありますが、チャージもないし、ビール1杯買えば店内でのんびりしたりライブ見たり、かなり楽しめると思います。北京に行った時は絶対に飲みに行くべし!

営業時間は毎日11時から深夜2時。禁煙ですがテラス席では可。

HOTEL JEN(新国貿飯店)の地図はこちらから。

現場からは以上です。

ツァイチェン。