美味しいお店

北京でブームのクラフトビールを飲もう!熊猫精醸(Panda Brew)編

Slow Boat Brewery京A Brewingに続いての3軒目。味はここが1番好みでした。最高。

ちなみにですが、この日はPM2.5がかなりやばかったです。

数値の見方がよくわかりませんが目の前の建物が霞むレベル。全然快適じゃない。死ぬかと思った。

熊猫精醸(Panda Brew)へ行こう

熊猫でパンダです。確かに字のとおりだなぁなんて考えながら北京地下鉄に乗ります。5号線の『Beixinqiao駅』で降りましょう。漢字で書くと『北新桥』、読み方は『ほくしんきょう駅』です。

ちなみにですが、日本の漢字で書くと『北新橋』となります。急な親近感。うまい酒が飲める気がしてきました。

北新橋駅のC出口から出ます。

出るとこんな感じ。SL広場はありません

駅を出たらこっちの方(右側)へ歩きましょう。大通りに出て左に曲がったら到着。駅徒歩1分です。

ここもオシャレや…!中国どうなってるんだ。

熊猫精醸(Panda Brew)でビールを飲もう

店内に入ります。

かっこいい。迷わずカウンターへ座りました。

タップが着いてるのが全部ビールで、上の透明なカラフルな部分は管の中のビールが見えてる状態です。すごい。興奮。

ここでは名前のかっこよさから、『PANDA EYES RED HONEY ALE』を注文。頭の中では遊戯王がよぎります。

「出でよ!パンダアイズレッドハニーエールッ!」

パンダアイズレッドハニーエールを場(フィールド)に攻撃表示でターンエンド!!

すいません取り乱しました。気を取り直して進めます。

到着しました。琥珀色がキレイなアンバーエール。香りが良くしっかりとしたハチミツも感じます。美味すぎる。

次に頼んだのは『SAFE DATE GINGER GOLDEN ALE』。しっかりとした生姜の風味が美味しいなぁと思って飲んでたんですが途中でシャンディガフやんって思いました。でも美味いです。

相変わらずどこに行っても日本人がいないので店員さんに「日本から来たんだぜ」って伝えたところ、

小さいビールをサービスしてくれました。

こちらは『BLACKTEA BLONDE ALE』。紅茶を使ったビールで1口で紅茶をしっかり感じる味。今までに飲んだことのない味で超美味しいです。中国らしいビールを飲ませてくれたのでしょう。店員さん優しい。シェイシェイ。

店内の様子

おしゃれなカウンターでコーヒーが飲めたり、

照明がぶった切った樽だったり、

2階にライブスペースがあったり。

ビールもたくさん売っていて、めちゃめちゃいいお店でした。

帰りにお土産で『killed a copycat wheat』の瓶ビールを買いましたが北新橋の町を歩きながら飲んでしまいました。ジャケがカッコよすぎ。ホワイトビールで美味しかったです。

熊猫精醸も満足度高め。

営業時間は毎日10時から深夜1時まで。どこのブルワリーも営業時間が長くてありがたい。

このまま次のブルワリーに向かいます。

ツァイチェン。