お役立ち

ネット規制の中国に行くので日本でSIMカード買って持ってったら普通にGoogleもLINEもTwitterもFacebookもInstagramも使えたよ

ニーハオ。

中国に行く用事があったのでいろいろ調べてたら『中国国内のプロバイダは制限されていて使えないサービスがある』らしいです。それは困ったぞ。

使えないやつ

  • Google全般
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

などなど…。

使用頻度の高いもののほとんどというか、Google使えないのはかなりやばい。知らない街をGoogleMAP無しで歩ける自信がないし、SNSに北京ダックの写真もUPしたいっ!!

Amazonで中国聯通(チャイナユニコム)のSIMカードを買おう

こちらです。ジャケがかわいい。

裏面はこのような。SIMカードに切り込みが入っていまして、パキッとやるとnano、micro、normalの全てのSIMに対応します。

そしてこのSIMカード。香港経由のローミング接続なのでネット規制を全無視です。Googleも使えるし、SNSに北京ダックの写真もUP出来ます。本当にシェイシェイです。

“無制限”との表記がありますが「追加でクレジットカードでチャージが出来るよー」との意味で実際使えるのは2GBまでなので注意。

現地でWiFi拾えば2GBなんで使わないと思うかもしれませんが、拾ったWiFiはネット規制の対象なので注意!

実際にSIMカードを入れてみる

僕は長年使ったiPhoneをやめて中華製のスマホを使っているのでデュアルSIMに対応しています。

SIMスロット2にSIMカードを入れましょう。

利用開始してから7日間有効ですが日本国内で入れてもアクティベートしないので安心してください。

飛行機の中でバタバタしながら作業しました。

中国に着いたらSIMスロット1をOFFにしてSIMスロット2をONにするだけ。

開通手続きもなんも必要なし。

Twitterで北京ダックの写真もアップ出来ました。

※これはたぶん北京ダックではない・・・

スピードテストの結果

まずは我が家の光回線。

「インターネットの速度は非常に高速です。」

次に中国聯通のSIMカード。

「インターネットの速度は標準です。」

おせぇ。でも、まぁ問題ないですね。

動画とか見なきゃ普通に使えます。

まとめ:SIMカードは日本で買っていこう

中国に行く時はこちらのSIMカードをポチるべし。空港で探す手間もないし、ネット規制は全無視です。


現場からは以上です、ツァイチェン。