生き方

長年使ったiPhoneからAndroidに乗り換えた感想【 Huawei P20】

こんにちは、ばしです。

今までずっとiPhoneを使って来たのですが、卒業をしました。その経緯とか感想とかを書いていきます。

foodepartは飲食店のアレコレを書いていくサイトですがスマホも仕事道具ですしね!

そもそもなぜiPhoneなのか

iPhone4sから使っているのでかれこれ7年くらいですかね。なんの疑問を抱くこともなく、新しいiPhoneが出れば変えての繰り返し。最後に使っていた端末は格安SIMで使っていたので機種を変えるにはSIMフリーの端末を手に入れる必要がありました。

iPhone X
64GB ¥112800(税別)
128GB ¥129800(税別)

iPhone8
64GB ¥78800(税別)
128GB ¥95800(税別)

iPhone8 Plus
64GB ¥89800税別)
128GB ¥106800(税別)

た、高ぇ。

そこで1つの疑問が生まれました。

『なんでiPhoneにこだわってたんだっけ?』

です。

  • なんかみんなiPhoneだしー
  • 機種変えた時の引き継ぎとかラクだしー
  • Appleってなんかオシャレじゃーん
  • iPhoneってかっこいいー

くらいの理由しかありません。もはやチャラいギャルです。

そーなるとAndroidに変えてみたくてたまらなくなってきます。

その疑問を抱いた数日後にはこうです。

Huawei P20を買ってみた

思い立ったが吉日です。

ダメならSIMカードを差し替えるだけ。

色んな端末から選べて楽しいですねAndroidは。(急なAndroidびいき)

ただ、今回はなんの機種を買うかは全く迷わずHuawei一択でした。

理由は後ほど。

開封していきたいと思います。

はい、内容物はこんな感じ。

スマホケースまでついて来ますし、最初から画面にフィルムが貼ってありました。至れり尽くせり。

ん、どこかで見とことあるデザインのイヤホンだな…。

電源を入れるとこんな感じ。

ん、どっかで見たことあるデザインだな…。

ノッチがまるでiPhone Xです。結局iPhoneの呪縛から逃れられず。

使ってみた感想

  • ヌルヌル動くのはiPhoneだけかと思ってたけど動きは全く遜色ない
  • 電話帳などもGoogleドライブ経由で一瞬で引き継げる
  • iTunesから曲も入れられるので音楽は引き続きiTunesで管理できる
  • iPhoneで使ってたアプリはAppleのもの以外は全部ある
  • ウィジェットが便利だし楽しい

です。

なかでもこの端末を買った1番の理由がカメラです。

カメラがやべぇ

HUAWEI P20は、スマートフォンでの撮影の常識を変えた新しいLeicaダブルレンズカメラを搭載。進化のスピードは光のように早い。最先端のカメラ技術が美しくクリエイティブなデザインのHUAWEI P20に搭載されました。

HUAWEI公式サイトより

ライカのカメラが搭載されてます。

そう、ちびまる子ちゃんの親友、たまちゃんのお父さんが愛するカメラですね。本名は『穂波真太郎』。

2000万画素モノクロ+1200万画素RGBのデュアルカメラが信じらんないほどキレイで、搭載されたAIがシーンを自動で判別。
今出てるスマートフォンの中ではHuawei P20ProとHuawei P20が群を抜いてキレイらしいです。iPhone Xよりもキレイだとか。インカメラも2400万画素あります。

起動も早いしシャッターの反応もめちゃ早いです。

試しに撮った写真を幾つか。

浅草

浅草パート2

黒いハンバーガー

ね、キレイでしょ?

背景のボケ感とかもまるで一眼レフのようですが、シーンを判断してAIが勝手にやってくれます。

誰でもたまちゃんのお父さんになれます

iPhoneからAndroidに変えて不便な事

その① みんなiPhone

結局この話しになるんですが、みんなiPhoneなんです。

出先で充電がなくなった時、周りにいる人が持っている充電器は全てlightningです。借りる事が出来ません。

売ってるケースもiPhoneだらけで、選択肢が少ないです。

その② USB Type-Cがまだまだ普及してない

Huawei P20はUSB Type-Cのみでイヤホンジャックがないんですが、Type-Cのイヤホンとかまだ少ないです。

僕ほこのUSB Type-Cから給電できるノイズキャンセリングイヤホンを使ってますが、今後このような商品が増えていくといいなと思ってます。
30分で約58%充電ができる超急速充電はめちゃ便利です。

その③ キーボード

Androidに変えて数日は、あまりにも文字が打ちづら過ぎてiPhoneと2台持ちにしてました。フリックの使用感がiPhoneとは違うため誤字がめちゃ増えました。Androidに変えた1番のネックが文字の打ちづらさでした。
キーボードが使いづらすぎてAndroidに変えたのが失敗だったと思うほどです。

iPhoneに慣れていると本当に使いづらいです。

しかし、そこはアプリを入れて設定を変えることでクリアしました。

キーボードアプリのSimejiです。

Simeji - 日本語文字入力&きせかえ・顔文字キーボード
Simeji – 日本語文字入力&きせかえ・顔文字キーボード
開発元:Baidu Japan Inc.
無料
posted withアプリーチ

Googleのキーボードとかいろいろ試しましたがSimejiがNo.1。

Simejiをインストールしよう

iPhone風にしていきます。結局iPhoneの呪縛から逃れられず。

アプリを開くとこんな感じ。右下の“設定”を開きましょう。

上から3番目の“キーボード”を押します。

“フリックの詳細設定”からこんな感じにします。

“フリックの判定幅”はフリックの感度です。数字が下がるほど感度が上がるので注意。僕はいろいろ試して10で落ち着きました。

で、高さを84に設定。これは1番使いやすかったiPhone6のキーボードの幅と同じにしてます。

“左右寄せ”は右利きなので“右寄”に。

そうするとキーボードはこんな感じになります。

これでなんとか使えるようになりました。フリック入力でも片手でラクラク届きます。誤字も大幅に減りました。

iPhoneからAndroidに変えてみて

なんの問題もありません。

なんなら、iPhoneを持ってる人に『まだiPhone使ってるの?』って聞くAndroidおすすめおじさんになりました。

そのくらい満足しています。

“格安SIM×SIMフリーAndroid端末”の組み合わせが現時点での最強ではないでしょうか?

『お金ないよー』が口ぐせのあなた、Androidに変えてみてはいかが?